大澤隆之のめざせ!!宅建士 18限目

保証

 

1 担保制度

 

   担保制度には人的な担保制度と物的な担保制度がある

 

   人的な担保制度 → 保証や連帯保証

 

   物的な担保制度 → 担保物件(留置権 先取特権 質権 抵当権)

 

2 保証とは何?

 

   保証とは、債務者が債務を履行しないときに債務者にかわって債務の履行を

   行う義務を負うこと

 

 

3 保証債務の成立

 

   保証債務は、債権者と保証人との間の保証契約によって成立する。

   ただし、書面で契約をしなければ、その効力は生じない

 

 

4 保証人の資格

 

   債権者が保証人を指名する場合は、原則として、制限なく、

   だれでも保証人になれる

 

   主債務者が、保証人を立てる義務を負う場合は、

   行為能力があり、かつ弁済する資力があることが必要

 

 

5 保証債務の性質

 

   保証債務には、付従性、随伴性、補充制がある

 

   ① 付従性

     主債務が存在しなければ、保証債務は成立しない

     保証債務は主債務より重くなることはない

     主債務が消滅すれば、保証債務も消滅する

 

   ② 随伴性

     主債務が債権者から第三者に移転すれば保証債務も移転する

   

   ③ 補充制

     保証人は、あくまで、主債務者が約束を守らなかったときに、

     初めて責任を負うこと

     この性質の具体化として、催告の抗弁権と検索の抗弁権という権利が

     ある

 

 

   

 大澤隆之

 

        

大澤隆之と学ぼう 宅建士合格講座 17限目

損害賠償請求

 

【1】 損害賠償の範囲

 

     債権者は原則として、通常ならば生じる損害の額を請求できる

 

 

【2】 損害賠償は、意思表示がないときは、金銭でその額を定める

 

 

【3】 債務不履行になったことは、債権者にも責任がある場合

 

   損害の公平な分担をはかるために、過失相殺をおこない賠償額を定める

大澤隆之と学ぼう 宅建士合格講座 16限目

債務不履行

 

    債務不履行とは、債務者が債務の履行をしないこと

 

    債務不履行には

 

    ① 履行遅滞→履行期に履行が遅れること

              借金の返済日に間に合い等

  

    ② 履行不能→債権成立後、債務者の責めに帰す事由により履行できない事

               家を引き渡す予定だったが、手続きが遅れて引き渡し日に

               間に合わない等

 

    ③ 不完全履行→債務者の果たした義務が契約の内容として不完全

                

 

 

の3種類があります

大澤隆之と学ぼう 宅建士合格講座 15限目

期限と条件

 

 

【1】 期限

 

    期限とは、債務の履行が将来確実な場合の日時

 

    期限には確定期限と不確定期限の2種類がある

 

    ① 確定期限→ 確実な日時

    

    ② 不確定期限→ ペットが死んだ日等、いつなのかはっきりしない期限

 

 

【2】 条件

 

     

    停止条件 → 条件が成し遂げられることにより、法律効果が生じること

               

    解除条件 → 条件が成し遂げられることにより、それまで存在した法律効果が

              消滅するもの

大澤隆之と学ぼう 宅建士合格講座 14限目

債権と債務

 

【1】 債権

    特定の人に対して特定の行為を請求する権利

 

【2】 債務

    特定の人に対して特定の行為を負う義務

大澤隆之と学ぼう 宅建士合格講座 13限目

代理

代理とは、本人が代理人に代理権を授与して、代理人がその権限の範囲内で本人のために、代理行為を行い、そこで結んだ契約が直接本人と契約したものとみなす行為であること

 

代理の種類は

①任意代理

自らの意思で他人に代理権を与える

 

②法定代理

本人とは関係なく、法律の規定によって代理権を与える

 

2種類があります

 

大澤隆之と学ぼう 宅建士合格講座 12限目

制限行為能力者とは

 

意思能力の無い人の行った行為は無効ですがどういう人が該当するのでしyぉうか

 

①未成年者

成年被後見人

被保佐人

④被補助人

 

の4種類の制限行為能力者があります